キャッシングとは

キャッシングという呼び方が今では一般的にはなっていますが、簡単に解釈するとそれは少額の借金です。キャッシングという呼び方が借金に変わっただけでそこには恐怖を感じます。お金を借り入れることは実は難しいことではありません。

しかしお金を返していくことは簡単なことではありません。適切な借り入れ先を探し、適切な利用をする、それでようやくキャッシングは安心できるものとなります。それでは借り入れ先としては一般的にどんなものがあるか考えてみましょう。
  • クレジットカード
  • 消費者金融
  • 銀行カードローン
少額のキャッシングをするにはこれらが向いています。

もしクレジットカードを既にお持ちであれば少額キャッシングに限っては有効に活用することができます。新たに消費者金融や銀行カードローンを契約することもありません。クレジットカードのメインはショッピング機能になりますが、サブ機能としてキャッシング枠がついていることが多くなりました。限度額の決め方はそのクレジットカードによって違います。ショッピング枠とキャッシング枠をあわせて限度額を決めることもあります。

またショッピング枠とキャッシング枠それぞれに限度額が決められていることもあります。消費者金融の中では唯一アコムがマスターカードとしてクレジットカードの発行をしていますが、キャッシング枠の割合が高いのはアコムのクレジットカードくらいのものです。

通常はあくまでもサブ機能になりますのでキャッシング枠は限度額が低く用意されています。しかし現在手持ちのクレジットカードがそのままキャッシングにも利用できるのであればほかに申し込みをする必要はないでしょう。

もちろんクレジットカードでキャッシングをしたときの金利は確認しておくべきです。通常は大手消費者金融と同じ18.0%程度が設定されています。また返済方法も口座引き落としのみとなっているなど利便性が高いものではありません。

追加返済を受け付けていないクレジットカードもあります。そのため長くかかっても数回程度で完済ができる金額ならばクレジットカードでキャッシングにも向いているといえるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠では金額が足りない、もしくは返済期間が長期化する、そもそもクレジットカードを持っていないというときには消費者金融や銀行カードローンを考えましょう。

もちろんそれぞれには特徴がありメリットもデメリットもあります。また金利と利息の関係や返済方法など、キャッシングをするときには知っておかなければならないことも数多くあります。

ただしキャッシングを考えるのはほかに金策がない時だけです。短期アルバイトや不用品の買取などさまざまなことを試した結果借り入れでなければピンチがしのげない、そのような状況の場合のみ借り入れを考えましょう。

お金をもらうのでもなく稼ぐのでもなく、借りることになります。借りた金額には必ず利息がかかり返さなくてはなりません。それを十分に踏まえた上でキャッシングについてご紹介していきましょう。

適切な借り入れってどういうことだろう

適切な借り入れ先を見つけることが重要です。お金を借りるのであればそれがまずキャッシングに向いているものなのか、そうではないのかを見極めなくてはなりません。

最初に考えたいのは収入がどの程度あるのかということです。収入が低い場合には金利がかかる銀行カードローンや消費者金融でななく行政からの融資を考えたほうが適切なこともあります。障害者世帯、高齢者世帯、そして低所得世帯であれば厚生労働省の生活福祉資金貸付制度があります。

低所得者とは一般的に市町村税が非課税であれば対象となります。全国にある社会福祉協議会で受付をしています。原則として連帯保証人が必要になりますが、無金利で借り入れとなります。原則と言ったからには例外もあり、連帯保証人をつけないという選択肢もあります。

その時には金利が1.5%となりますがそれでもないに等しい金利です。即日融資のキャッシングではなく生活を立て直すための融資です。すぐに借り入れができるものではなく申し込みから審査が完了し借り入れが完了するまでには2週間ほどがかかります。

今度は借り入れをする目的や期間について考えてみましょう。消費者金融からの借り入れや銀行カードローンからの借り入れ、クレジットカードなどがありますが全ての借り入れがキャッシングによって賄われるものではありません。

例えば大きな買い物としては住宅があります。一括購入をするのではなく多くも場合には分割で購入するでしょう。そのときに消費者金融のキャッシングを利用するでしょか。違うはずです。

銀行などの住宅ローンとして専用商品を活用するでしょう。住宅とキャッシングではあまりに食い違っていると思われるかもしれませんが基本的には同じことです。

少額の借り入れであれば、プロミスなどでのキャッシングで充分でしょう。しかし目的がはっきりと決まっている支払いであれば多目的ローンを利用することも視野に入れましょう。

適切な借り入れはなかなかに難しいものです。例えば消費者金融にするのか銀行にするのかと考え銀行を選択したとしましょう。

その銀行の中にはフリーキャッシングのほかに多目的ローンや住宅ローン、マイカーローンなどさまざまなローンがあります。適切な借り入れをさがるにはどうやらコツが必要になりそうです。