外国投資と海外のマイホーム事情

最近は、US-REITなど海外の金融商品に投資をする人が増えているようです。USとはUnited Statesの略で、REITとはReal Estate Investment Fundの略です。すなわち、米国の不動産投資信託に投資をする人が増えているということです。これは、超低金利時代が継続する中において、比較的高い利回りを確保することの出来るREITにお金が動いているということですが、日本にもJ-REITという市場があります。それでは、なぜわざわざ米国のREITに日本人が投資をするのでしょうか。それは、US-REITの利回りのほうがJ-REITの利回りよりも高いということ、それとUS-REITのほうがJ-REITよりも市場規模が大きいことによると言えるでしょう。このように、US-REITを購入している人が増えているということは、日本の投資家も米国の住宅関連経済指標についての動向をチェックしておいたほうが良いということになりますが、このような経済指標を日本人が読み解くには注意が必要であると言えます。というのは、日本と米国ではマイホームに対する考え方が違うからです。すなわち、例えば住宅価格と言いますと、日本では新築住宅のことを思い浮かべますが、米国においては中古住宅の価格を指すことが多いと言えます。つまり、日本では地震が多発するということもあって、旧くなった住宅は取り崩して新築の住宅に建て替えてしまうという傾向が強いのですが、米国の場合には、そのようなことはないのです。ですから、中古住宅のマーケットというものがしっかりとしていて、中古の住宅であっても、その価値が上昇していくということがけっこうあるのです。