投資に関すること~寄与度~新光USリート

新光USリートとは、何であるのか、というとこちらは「国内最大規模」の投資信託となっています。
よく投資信託を行う人からの呼び名としては愛称は、ゼウスとして有名な投資信託となっており、こちらは同時に株式会社として有名です。

ところで、寄与度、という言葉をよく耳にします。

この言葉は「寄与の度合い」という意味を持っており、「寄与」とはそもそもの意味で、「何かのために役立つこと、すなわち貢献」という意味を持っている言葉とされています。

投資という言葉の意味に関しては、「将来的に自らに利益をもたらしてくれるものに対して、お金などを投じること」を意味している、とされています。

このため、投資を行うことで寄与度を会社は得られることが出来ます。

つまり、「新しく会社を設立したいものの、お金が一切ない、しかしこの事業は成功する確率が高い」とされているものに対して、資産家、お金をたくさん持っている人、または一般人などに対して、「投資」としてお金を投げ打ってくれないか、という話を持ちかけ、それが成功したあかつきには、寄与してくれた人に対して、見返りとして、お金などが倍などになって戻ってくる、という仕組みです。

このお金が大きければ大きいほど、または提供してくれるものが大きければ大きいほど、その会社や投資先は潤い、事業を展開することが出来ることから、その人はその会社に対して「寄与度」が大きい、とされることになります。

よく耳にする「配当金」などというものも、この「寄与度」に対しての会社からのお礼のようなものであり、多く投資を行ってくれた人に対しては、より多くの配当金が付与されるものとなっています。
または株主優待などの特典が付与される形で、お礼がされています。